不動産の相続登記手続き(1)ー必要書類

遺産の割合で最大を占めるのが、
不動産です。遺産に不動産が含まれる場合には、
その後の利用、売却等のために、
相続登記が事実上必須となります。
相続登記とは、よく言うところの
不動産の名義書換え」の手続きです。

相続登記手続きで必要となる書類は、

(1)
相続人全員法定相続分どおり
相続されるのであれば

①被相続人の出生から
死亡までのすべての戸籍

②相続人全員の住民票

③土地の固定資産税評価証明書を
用意して、登記申請書

を作成して申請します。
(法務省のホームページに
定型のフォーマットがあり、
これを利用されることが簡便です)

必要な費用(登録免許税)は
固定資産税評価証明書に書かれている
不動産の価格に
1000分の4をかけた金額です。

相続登記をする場合に
非常に大きなポイントとなるのは、
戸籍調査です。

戸籍調査は次の記事で書きますが、
非常に困難なケースがあります。
また、法定相続分どおりの登記の場合には、
子や配偶者の方で
共有となるケースが多いので、
本当に共有で良いのかどうか
(後日の処分等に影響を及ぼさないか)
がポイントとなります。

次に、(2)遺産分割をして、
特定の人が不動産を所有するとした場合には、

①被相続人の出生から
死亡までのすべての戸籍

②不動産を相続人する人の住民票

③遺産分割協議書

④遺産分割協議書に押した
印鑑の印鑑証明書
(不動産を相続する人の
印鑑証明書はなくても構いません)

⑤土地の固定資産税評価証明書となります。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!不動産や店舗の相続についての関連記事