遺産分割の手続き

被相続人の方が
遺言書を残されなかった場合には、
遺産は相続人全員の共有財産となります
(民法第898条・
「相続人が数人あるときは、
相続財産は、その共有に属する。」)。

共有状態のままでは
遺産の利用方法が制限されてしまいますので、
共有状態を解消するための
手続きが必要となります。

この遺産の共有状態を
解消するための手続きが遺産分割です。

遺産分割は、相続人全員の話し合い
行うことが基本です。
ここで大切になるのは
相続人全員という点です。

相続人が1人でも欠けた状態での
遺産分割協議は無効となります。

話し合いによる遺産分割は、
A3の用紙などに、
「遺産分割協議書」などとタイトルをつけて、
誰がどの遺産を得鷹を
明確にすることが一般的です。

ただ、遺産分割は
書面でしなければならないというルールはないので、
「この指輪は長女がもらう」
「この着物は次女がもらう」などと
口約束でも構いません。
一般的に「形見分け」と言われるものです。

遺産分割協議書が必要なケースとしては、
遺産が不動産の場合や預金である場合などです。
不動産なら遺産分割協議書が
登記手続きの添付書類となりますし、
預金を解約・名義変更するために
遺産分割協議書などが必要となる場合があります。

遺産の分け方は全く自由であり、
特定の相続人だけが遺産を承継して、
他の相続人は遺産をまったくもらわないという
協議も問題ありません

遺産分割の話し合いがまとまらない場合には
裁判所を利用した遺産分割調停を
申し立てることも可能です。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!相続に関する税金と受け渡し方の関連記事