遺言書を作成する(遺言制度)

遺言(「いごん」、
一般的には「ゆいごん」と言いますが、
法律的には「いごん」と読むのが
正しい読み方となります)を作成すると、
被相続人はご自身の遺産を
自由に処分することができます。

すでに何度か述べましたが、
相続人と相続分は民法
明確に決められています。

法律に従えば、
民法が決めた相続人が民法どおりの
相続分を取得するのが基本となります。

しかし、被相続人の方が
生前に作り上げられた遺産について、
これを自由に処分することが
できないというのは、
自由な財産処分ができるはずの
現代社会にまったくマッチしません

そこで、遺言を作成すると、
遺言自体が違法であるなどのケースを除いては、
遺産は遺言書で
決めたとおりの人のものとなることになります。

例えば、妻や子に一切の遺産を渡さずに
愛人などに遺産の全てを譲るという
遺言も法律的には
全く問題はありません

(次々の記事にように
遺留分減殺請求という制度で
遺贈が否定される可能性はあるものの、
原則的には有効です)

その他、相続人の方の経済状況を見て
相続分を変えること、
家業を継いでくれる相続人(長男等)に
営業用財産一切を相続させて、
その他の相続人にはお金や家等を
与えるということなども可能です。

遺言制度は、
遺言者の最終意思を尊重するということに
重きを置いている制度です。
そのため、遺言者の意思は最大限尊重されます。
遺言書を作成することは
相続トラブルを防ぐとともに
各種手続きをスムーズに進めるために
とても有効な方法です。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!遺言書の書き方と注意点の関連記事
  • category
    遺言書の書き方と注意点

    遺言にはさまざまなタイプのものがあります。もっとも簡便に作ることが出来るのが、自筆証書遺言です。 これは、自筆(手書き)で全文を自書して、日付、署名をして押印するという方式です。

  • category
    遺言書の書き方と注意点

    遺言によって、法律とは異なる相続分で遺産を処分することができることは、前々記事で述べましたとおりです。また、前記事では遺言の種類について述べました。この遺言を利用すれば法律のルールにとらわれずに自由に財産処分をすることができます。