相続手続きに関する各種専門家

ここまで各種相続手続きについての
知識をまとめてきましたが、
実際に相続すべてについて精通して
手続きを自ら行うということは
大変難しいのが実際です。

そこで相続の手続きに関して、
専門家を挙げますと
以下のような専門家がいます。

まず、法務手続きは
基本的に相続手続きをメインとしている
行政書士司法書士が中心となって行います。

行政書士は遺言書作成や相続人調査、
遺産分割、許認可承継など
法務手続きを柔軟に進めてくれます。
一方で、司法書士は登記の専門家です。
遺産に不動産が含まれている場合には、
代理人として手続きを任す場合には
司法書士を通す必要があります。

ただ行政書士と司法書士は
ダブルライセンスで仕事を行っていたり、
互いに提携・協力しあって
手続きを進めてくれるのが通常ですので、
行政書士であれ司法書士であれ
信頼できそうな専門家を選ぶことがポイントです。

次に、相続税についての相談は税理士です。
相続税の実務について
最終的に責任を持って詳しく対応してくれる
専門家は税理士以外はいません

これから相続税の増税がありますので、
一度は税理士に相続税の相談をしてみることが
良いと言えるケースが多くなるかと思われます。

さらに、いわゆる遺産争い
なってしまった場合には、
弁護士が専門家となります。
弁護士は訴訟手続きの専門家ですので、
完全に遺産争いとなってしまった時に
相談されるのが良い専門家と言えます。

このような各種専門士業
相続について相談することができる
専門家となります。

前の記事


次の記事

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!遺言書の書き方と注意点の関連記事
  • category
    遺言書の書き方と注意点

    遺言にはさまざまなタイプのものがあります。もっとも簡便に作ることが出来るのが、自筆証書遺言です。 これは、自筆(手書き)で全文を自書して、日付、署名をして押印するという方式です。

  • category
    遺言書の書き方と注意点

    遺言によって、法律とは異なる相続分で遺産を処分することができることは、前々記事で述べましたとおりです。また、前記事では遺言の種類について述べました。この遺言を利用すれば法律のルールにとらわれずに自由に財産処分をすることができます。